【TrustPlusクラブ会員限定】KKPokerのAOFで勝つ方法を公開!

【TrustPlusクラブ会員限定】KKPokerのAOFで勝つ方法を公開!
admin

KKPokerにはいくつかのゲームがありますが、中でも人気のゲームがAOF(Allin or Fold)です。

AOFはオールインをするかフォールドをするかの2択を選択するゲームで、だれでも簡単にプレイすることが可能です。

簡単はゲームだからこそ、こちらには期待値が明確にされています。(オールインするべきかフォールドをするべきかの正解がある)

本記事では、そんなAOFの期待値を最大にするためにはどのようにすればよいのか、KKPokerにおけるAOFの参加方法を紹介します。

AOFとは?KKPoker内の参加方法まで紹介

AOFとはAllin Or Foldの略称で、オールイン(チップをすべてかけること)かフォールド(降りること)を選択するゲームです。

KKPoker内のAOF参加方法

KKPokerのアプリから「AOF」を選択
KKPokerのアプリから「AOF」を選択

始めにKKPokerアプリ内のAOFを選択します。

座りたいテーブルを選択
座りたいテーブルを選択

次に着席したいテーブルを選択します。

いくつかの情報があるので、チェックしておきましょう。

  1. レート:1回分のオールインの額になります。
  2. 人数:着席している人数/最大人数になります。
  3. ジャックポット:ジャックポット機能があるかないかがわかります。
おさかなさん
おさかなさん

着席している人数が0人の場合は、プレイヤーがいないことを指します。

サメ先生
サメ先生

ジャックポットがあるテーブルは普通のテーブルよりもジャックポット分の手数料を取られます。

その分の手数料がジャックポットにたまっているイメージです。

テーブルに参加する
テーブルに参加する

実際に+のボタンを押してテーブルに参加しましょう。

以上で、AOFに参加することができます!

また、KKPokerは3面打ちまでプレイすることができるので、慣れたら多面打ちでプレイすることも可能です!

KKPokerのAOFレンジ表一覧

こちらで紹介するレンジ表はAOFの期待値を最大化することができるものです。

おさかなさん
おさかなさん

このレンジ表通りにプレイすればミスが無くなるイメージです

サメ先生
サメ先生

勝ちやすくはなりますが、負けなくなるというわけではないので注意しましょう。

AOFのポジションについて

多くの人が知っていると思いますが、ポーカーではポジションというものが存在します。

おさかなさん
おさかなさん

わかりやすいように事前に説明しておきます!

AOFにおいては4つのポジションが存在します。

「BTN」「SB」「BB」「CO」の4つです。

おさかなさん
おさかなさん

「D」の表記があるものがBTNです。

1ゲームが終了したら時計回りに「D」が移動します。

KKPokerのAOFレンジ表一覧

始めに色の見分け方について説明します。

  • 水色→フォールドするハンド
  • 暗い赤+明るい赤→前のプレイヤーがオールインしてなかったときにオールインするハンド
  • 明るい赤→前のポジションから1つのオールインが来たときにオールインできるハンド

sやoの違いはAQsやT9sなどの○○sがついているときは絵柄(スート)が同じ時のもので、AQoや98oなどの○○oがついているときは絵柄(スート)が異なるハンドを指しています。

COのときのオールインレンジ

BTNのときのオールインレンジ

SBのときのオールインレンジ

BBのときのオールインレンジ(明るい赤がCOorBTNからオールインが来たときのオールインレンジ、濃い赤+明るい赤がSBから来たときのオールインレンジ)

CO&BTNからオールインされたときのSBハンドレンジ

CO&BTNからオールインされたときのBBハンドレンジ

CO&BTNからオールインされたときのBBハンドレンジ

BTN&SBからオールインされたときのBBハンドレンジ

CO&SBからオールインされたときのBBハンドレンジ

CO&BTN&SBからオールインされたときのBBハンドレンジ

相手のスタッツについて

KKPokerではVIPカードを使うと相手のスタッツを見ることができます。(プラチナVIP以上)

AOFのスタッツには「オールイン率」の表記が存在し、相手のオールインする頻度を測る指標を見ることが可能です。

その数値によって相手が適正なハンドでオールインしているかどうかの判断をある程度行うことが可能になります。

  1. オールイン率28~32%→適正値。ある程度正解のレンジでプレイしているため、対戦する事を避けることがおすすめです。
  2. オールイン率~25%→タイトすぎる(参加率が低い)
  3. オールイン率35%~→ルースすぎる(参加率が高い)

②、③の相手に関しては適正値から外れているプレイをしていることが多いので、積極的に対戦することをおすすめします。

サメ先生
サメ先生

適正値から外れた相手を探して対戦していくと収支も+になりやすいです

以上で、AOFの攻略は終了です。

こちらのレンジ通りでプレイすれば、限りなく勝てるようになるので、ストレスがたまったり疲れたりしていたら休憩を挟みつつ、適切なプレイができるように努力しましょう!

ABOUT ME
記事URLをコピーしました